Vライン・Iラインの脱毛&お手入れの方法

Vラインの脱毛は海外では当たり前

Vラインの脱毛は海外では当たり前

Vラインの脱毛は、今やマナーの一つになりつつあります。 海外ではVラインの脱毛やお手入れをするのが常識になっており、日本はその点でかなり遅れているようです。

Vラインが気になっていても除毛やカットだけで、なかなか脱毛まで考える人はまだ少ないのかもしれません。しかし、日本でも徐々にVライン脱毛に手を伸ばす人が増えていることも事実です。

それを加速させたのは、美にこだわりをもつ叶姉妹だということがよく言われています。写真集が発売されて、男性よりも女性のほうが彼女たちのVライン・Iライン・Oラインの、脱毛を含めた手入れのよさに感動したのです。

エステサロンなどでも、彼女たちのようになりたい、とVライン脱毛に踏み切る女性が多いとのことで、内心Vラインのムダ毛が気になっている女性は多いようなのです。

そうでなくとも、水着や下着ふくめ露出度の高いファッションが多くなってきた昨今ですので、Vライン脱毛をしていれば、気がねなく着こなしを楽しむことができます。水着選び・下着選びなどが楽しくなってくるでしょう。

ファッションをよりオシャレに着こなしたい人や、Vラインのムダ毛が気になっていて頻繁に自己処理を繰り返している人は、肌ダメージのことも考え 、エステサロン等のVライン脱毛を検討してみては如何でしょうか。

Vラインの脱毛をするためのエステ・クリニックの選び方

Vラインの脱毛をするためのエステ・クリニックの選び方

Vラインの脱毛を完了するまでの期間は、希望の脱毛範囲の広さや、脱毛するVラインの毛の濃さなどにも関わってきますので、一概に平均をいうことはできませんが、半年〜1年はかかると思っておいて下さい。

体の毛にはそれぞれ毛周期というものがあり、そのサイクルにしたがって毛が生えたり成長したり抜けたりしています。表面に見えている毛は全体の30%ほどだと言われており、Vラインの脱毛においても例外ではありません。

有効な毛根をすべて成長できないように阻害するには、たとえば両ワキなら1年〜1年半かかると言われています。Vラインの形を整えるくらいの脱毛なら両ワキほど長くはかからないでしょうが、Vラインすべてを脱毛するとなると、やはり時間がかかるでしょう。

Vラインの脱毛にかかる期間は、エステサロンであっても医療機関であっても、そう大きく変わるものではありません。少し、エステサロンのほうが不利でしょうか。

いずれにしろ、Vラインをきれいに脱毛するには、けっこうな長い期間そのエステサロンやクリニックに通わなくてはならないため、信頼できるところに任せたいものです。

料金の安さだけに目を奪われず、医療機関と提携しているエステサロンや、脱毛技術といった部分でしっかり比較検討するようにしましょう。

Vラインのデザイン

Vライン脱毛をするにしても、どのような形・デザインに仕上げたらよいのか分からないという人も多いと思います。もちろん、カウンセリングの時点でしっかり相談すれば良いと思いますが、ここでは定番のVラインデザインを紹介していきます。

スタンダードな逆三角形
一般的なビキニなら普通に着られますし、温泉などで裸になっても、それほど従来と違和感のないVライン脱毛の形です。最もスタンダードな形ですので、まずはここからトライする人が多いです。
I型
I型というのは文字通り長方形のようにVラインヘアをかたどったもので、Tバックなど切れ込みの深いデザインの下着や水着にも対応できます。どちらかというと大人っぽいVライン脱毛のデザインですので、露出度の高い衣装を着る機会が多い海外のセレブなどはIライン型を好むようです。
逆たまご型
逆三角形に丸みを持たせたVラインデザインです。かわいらしく、多少切れ込み角度の深い下着などにも対応できますので、こちらも人気があります。

Vライン脱毛後の陰毛の形は、他人のものを見る機会がなかなかありませんのでイメージはしておきたいけど、なかなか難しいと思います。

そこで参考になるのが、ヘアヌード写真集です。撮影されることを目的としているので、Vラインをキレイに整えられています。アマゾンなどネット通販であれば、購入するのも恥かしくありませんから、一度見てみると参考になると思います。